塗装工事の主な流れ

塗装工事は、天候次第でスケジュールが変わることがよくあります。
余裕をもって、1ヶ月程度見ておくと安心でしょう。

こちらでは塗装工事の主な流れをご紹介いたします。
※現場状況によって作業内容が前後する場合もございます

【塗装工事の主な流れ】

足場設置

安全かつ効率よく作業を行うための足場を設置します。
また、洗浄水や塗料が周囲に飛散しないよう、飛散防止ネットを張ります。
                      

高圧洗浄

塗装前に屋根や壁に付着している古い塗膜やホコリ、汚れ、コケやかび等を
高圧洗浄水で洗い落とします。

高圧洗浄後、最低でも24時間は外壁が乾くまで
時間を空けます。

※気候や下地の状態によっては更に時間がかかる
場合もございます。
                      

養生

玄関ドアや窓のサッシ等、塗装しない部分に塗料がつかないように、
マスキングテープやビニールシートなどでカバーします。
                      

下地補修

塗装を行う前の下処理工程です。
外壁や屋根の種類や状況によって、補修にかかる日数が異なります。
ひび割れや欠損等がある場合には、症状に応じた補修処理を行います。
                      

【外壁】下塗り・中塗り・上塗り

■下塗り
最初に塗る塗料。上に重ねる塗料を定着させるなどの役割があります。

■中塗り・上塗り
同じ塗料を2回塗ることで、綺麗にムラなく仕上がります。
重ねて塗ると厚みが出て、長い間建物を守ることができます。

塗料には「下塗り用」と「上塗り用」があります。
中塗りと上塗りは「上塗り塗料」を使います。

破風板・軒天・雨樋・雨戸・水切り・換気扇フードなど、
付帯部の塗装も同時にを行います。
                     

【屋根】下塗り・中塗り・上塗り・縁切り作業

■縁切り作業
屋根材が重なった隙間を塗料がふさいでしまうと、うまく排水されなくなって
しまいます。
この隙間を空けておく作業が「縁切り」です。
                     

検査・手直し

一連の作業が終了したら、塗り残しや塗りムラがないかをチェックします。
必要があれば、手直し工事を行います。
足場解体前にお客様にご確認していただき、気になる箇所があれば手直しします。
                      

足場解体・清掃

作業が完全に終了したことを確認後、足場とシートを解体します。
最後に建物周辺の清掃を行い、作業終了となります。

免責事項

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めております。
しかしながら情報が古くなる場合もあり、必ずしも掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理・運営するものではございません。
移動先サイトで提供される情報・サービスにつきましても一切の責任を負いません。
また、予告なしに本サイト上の情報変更・廃止・運営の中断・または中止させていただく場合があります。
予めご了承ください。

                                         ライファ八千代緑が丘
                                         協和建装工業株式会社
                                         代表取締役 保田 隆
いつでもお気軽に
ご相談ください!!
フリーダイヤル
0120-133-143

TEL 047-750-2154
FAX 047-750-2155


メールでのお問い合わせはこちら
営業時間:10時~17時
定 休 日 :日曜日・祝日

新型コロナウイルス対策実施中

Page Top
Page Top